わずか2684円!!古い洗濯機を自分で処分してきた。家電リサイクル

わずか2684円!!古い洗濯機を自分で処分してきた。家電リサイクル

洗濯機を買い換えた理由


2001年に購入した洗濯機。18年間利用してきたけれど、ついに壊れてしまった。
洗濯機は毎日使うものだし、一刻も早く欲しい。
インターネットでアイリスオーヤマの洗濯機がかなり安く売りだされていたので、 購入することにした。設置サービスや引き取りサービスを付けなければ、すぐに宅急便で発送してくれるので明日には到着するようだ。

設置サービスや引き取りサービスをお勧めできない2つの理由

家電量販店やインターネット販売店では付加サービスとして新しい洗濯機の設置サービスや引き取りサービスがあるが、これがお勧めできない理由は二つある。
1つ目の理由は、追加料金がかかるということ。だいたい7000円から1万円くらいかかる。
2つ目の理由は、設置するまで時間がかかってしまうということ。
設置サービスと引き取りサービスがセットになっていることが多く、引き取りサービスだけ頼むことができないケースが多いようだ。
設置サービスは事前に業者との設置日の調整が必要で、購入してから設置まで1週間程度かかってしまう。洗濯機が故障していて一日でも 早く新しい洗濯機を使い始めたいのにこれではおすすめできない。

問題は古い洗濯機の処分方法

新しい洗濯機を自分で設置するのはホースや電源コードをつなぎ直せばよいので比較的簡単である。
しかし、古い洗濯機の処分は家電リサイクルの指定商品なので粗大ごみに出せない。 専門業者に頼むことも検討したが、これも1万円くらいの費用がかかる。
困ったものだと調べてみたら、「自分で指定引取場所に持ち込んで処理してもらう」という方法があることがわかった。これならリサイクル料金の2484円以外にはかからない。

ホントに自分で処分できる?3つのチェックポイント

下記①~③をすべて満たしていれば自分で処分できるはずだ。
①自宅の近くに指定引き取り場所があるか?
指定引き取り場所というのはRKC 一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センターが指定する 「家電リサイクル対象品を持ち込める場所」のことである。 このサイトで近所に引き取り場所がないか探してみてほしい。
https://www.e-map.ne.jp/p/rkcsymap/

②引き取り場所まで洗濯機を運ぶ手段があるか?
トラックを持っていれば、問題ないだろうけど、洗濯機は高さ1メートル近くある。 自家用車を持っていても安心はできない。事前に洗濯機の縦・横・奥行を計測し、 車のドアやトランクに入れることができるか確認する必要がある。我が家の小さな乗用車の場合、後部トランクから入れることができた。

後部トランクを開け座席を倒して、洗濯機を入れるスペースを確保した

③自力で洗濯機を運ぶことができるか
大きな洗濯機を自家用車まで運ぶ必要がある。キャスターや手伝ってくれる人を用意する必要がある。
また、引き取り場所でも係員は手伝ってくれない。指示された場所まで自分で運ぶ必要がある。女性一人では難しいかもしれない。

家電リサイクル券の準備

郵便局の窓口に行き、家電リサイクル券を欲しいといえば、よほど小さな郵便局でなければ用意してあり、 丁寧に書き方も教えてくれる。このときに行くべき窓口は郵便の窓口ではなくゆうちょ銀行の窓口である。

もらえる家電リサイクル券はこの記事の一番下につけた画像のような11枚つづりの書類で、4枚目の払込取扱票に必要事項を記入して窓口で2484円と手数料200円を支払えば振替払込票受付証明書を発行してもらえる。これを6枚目の指定場所に貼り付ければOK

引き取り場所の受付時間をチェック

ホームページで引き取り場所で受付している時間をチェック。標準では月曜日~土曜日が受付で受付時間は午前9:00~正午12:00、午後1:00~午後5:00のようだが土曜日は受付していないこともあるようなので、かならず事前にチェックしてほしい。

いざ引き取り場所へ

引き取り場所へ行き、家電リサイクル券を係員に渡せば、係員が書類を確認し控えを渡してくれる。ホームページには 冷蔵庫の右側面に家電リサイクル券を張り付けしておくように書いてあったが、個人で持ち込む場合は控えの書類が変わるようなので 貼り付けしないほうが良いようだ。係員に指示された場所へ置けばOK。

処分場にて撮影。17年間ありがとう。
ケーブル類は運ぶときにかさばるのでテープでまとめておいた。

<参考>家電リサイクル券について

参考までに郵便局窓口でもらった家電リサイクル券の画像。11枚つづりでカーボンになっているので、記入するときは強く書かないと一番下まで写らない。

金額は、洗濯機の場合は一律2484円。製造事業者コードと品目料金区分コード、住所氏名を記入する。強い筆圧で書くこと。書いたら切り取り郵便窓口に金額を添えて提出。手数料は200円だった。
カーボンになっていて4枚目の払込取扱票に記載すればコピーされるので記入する必要はない。
郵便局窓口でもらう振替払込票受付証明書 を右側に貼付する。

ライフカテゴリの最新記事